読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

硝子花弁のとーしろ目線

雑食系オタクの素人目線で、好きなものを、好きなだけ

夏のポケモンアニメ映画リレー

ポケットモンスター略してポケモン。ゲームとして世に出た時、私はまだ未就学の子供でした。しかし、ポケモンはDPまで(中学生の頃くらい)は青春を共にしたゲームのひとつです。

そんなポケモンは、アニメで今も放映されており、映画も夏になったら公開されています。今日は、親友Nと共にポケモンアニメ映画リレーを敢行しました。今日観た作品は4作品。サブのピカチュウが主役の方は抜きで観ました。子供の頃はよく分からなかった映画のストーリーや感想を綴ろうと思います。

 

第1作目 ミュウツーの逆襲

子供の頃はよく分からなかったポケモンアニメ映画No.1。そして記念すべきポケモンのアニメ映画1作目です。

最初はミュウツーの誕生が描かれていたのですが、全く記憶が無く、こんなに重い始まり方だったっけ?となりました。しかし、ミュウツーの逆襲の根本の要因が今なら分かります。そりゃ逆襲したくなりますわな。そして、幼少期ミュウツーの声優が森久保祥太郎さんだったことに驚きました。完全に某歌のプリンスさまの「よろしくマッチョチョ」の声で定着してしまっていたのでエンドロールで気づきました。

ほかには、なんだかポケモン言えるかな」を歌いそうな人と、現在では千本桜とか脳漿炸裂バーサンとか歌いそうな人とかが出ました。最近ではロミオとシンデレラを歌っていましたね。それに、シゲルもちょこっと出ていたり。

 

平たく言えば「本物」VS「コピー」。しかしどちらも生きていることに変わりありません。生まれた意味を知るRPGみたいにミュウツーは自分の存在に苦悩していましたが、最後は自分の元となったミュウとミュウツーは、コピーポケモンたちと共に生きて世界に旅立って行きます。ミュウツーがまだ逆襲を始める前、研究所にいた頃に見た、記憶にない世界の景色に、旅の途中で出会えていたらいいですね。

そして、序盤にてのセリフに「泣くのは心を持つ人だけ」と、同じように創り出されたとある研究員の子供のコピー「アイツー」がまだ幼いミュウツーに言いました。ミュウツーは同じコピーのゼニガメたちが死んでお別れしていく中で泣いていました。そして、物語終盤で石化したサトシのために本物コピー問わず泣く場面があります。

心は人にも、そしてポケモンにもある。そこに本物もコピーもない。それを示唆させる涙だったのでしょうか……?

 

 

 

 

第2作 幻のポケモンルギア爆誕

この映画は、終盤でいつものロケット団がカッコよかったという記憶しかありませんでした。

初代伝説のポケモンファイヤー、サンダー、フリーザーと金銀時代の伝説ポケモンである海の神ルギアが登場します。物語半ばから世紀末な世界になっていき、ノストラダムスの予言が的中するのかと思いました。自然の猛威が大胆に描かれている映画でしたね。サトシが世界の救世主みたいな活躍をしましたが、かなり危ないことをしでかしたのでママさんもおこ。オーキド博士と一緒にテレビ局のヘリに乗りサトシのところへ行って説教します。サトシのママさん、いいママさんですね。

そしてやっぱり記憶通りロケット団がカッコよかったです!彼らのメカニック能力と行動力は世界一です。

 

 

 

 

第3作 結晶塔の帝王ENTEI

アンノーンを研究するオーキド博士の教え子でもある教授が娘のミイを残して行方不明に。助手が持ち帰ったアンノーンのパズルで遊んでいたミイは寂しさを吐露し、アンノーンたちは彼女の感情に呼応してミイの望むものを作り出しました。パパの帰りを望んだら、エンテイが現れミイはパパがエンテイになって帰ってきたと喜び、彼女の住まう屋敷から結晶が広がり街を飲み込みます。

教授親子とサトシ一家は面識があるのです。ミイを心配してオーキド博士と共に来たママさんですが、ママが欲しいと願ったミイのため、エンテイはママさんを攫ってしまい、今回のサトシは、母親のために立ち向かいます。前回活躍したロケット団は今回は目立った活躍は無し。このままではミイは本当に一人ぼっちになってしまうと諭され、エンテイとミイは外に出る決意をします。が、ミイの感情に反応していたアンノーンは暴走し、結晶化を進めます。エンテイを信じたミイの願いでエンテイアンノーンを止め、アンノーンと幻のエンテイは消え、結晶化も元に戻ります。最後は父親の教授も、ミイの本当のママだと思われる女性も帰ってきて幸せエンドです。家族の愛、心に沁みます。

 

 

 

 

 

4作目 セレビィ時を超えた遭遇

40年前にセレビィと出会いセレビィを守るために共に時を超えてサトシたちの時代にやって来たユキナリ。サトシとユキナリ、そしてセレビィは友達になり楽しい時間を過ごします。40年前の人間であるユキナリのスケッチブックはまるで図鑑のようでした。

しかし、セレビィロケット団の幹部の男がつけ狙います。今回のロケット団はサトシたちとは共闘せず敵側です。しかし、幹部の野望にちょっと引き気味。

セレビィはダークボールで捕まったことにより洗脳され守るはずの森を破壊していきます。スイクンと共に友達を助けるために立ち向かうサトシとユキナリは、なんとかセレビィを洗脳から解放することに成功しますが、セレビィは命尽き果て枯れたように目を閉ざします。サトシは泣きながらセレビィの大好きな木の実を与えますが、食べてくれない……友達の死に涙して悲しみます。正直泣きそうになりました。

そこに、別の時代からか、それとも同胞なのか、数多のセレビィが現れ森を再生し死んでしまった友達のセレビィを蘇らせます。そして、そのセレビィと共にユキナリは元の時代に帰って行きました。また会える……そう信じているサトシですが、実はもう会っていますよ。マサラタウンから旅立つ前から、ね。

 

 

 

 

 



ジンジンと胸にくる

4作連続で鑑賞は少し疲れます。しかし、有意義な時間でした。またポケモンを始めたくなりましたね。子供向けかと思いきや深く重いテーマが隠れた作品なのですね。