読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

硝子花弁のとーしろ目線

雑食系オタクの素人目線で、好きなものを、好きなだけ

さぁ、開廷の時間だ(悪ノ大罪 悪徳のジャッジメント 感想)

読書

「さぁ、開廷の時間だ」

 

悪ノP(mothy)氏による悪ノシリーズのノベライズ最新刊が発売されましたね。今から約6年前に始まった悪ノ娘から、ヴェノマニア公の狂気悪食娘コンチータ眠らせ姫からの贈り物五番目のピエロ円尾坂の仕立屋に続く第6弾。その名も「悪徳のジャッジメント」!!カバーイラストは動画PVでもイラストを手掛けたゆーりん@北乃友利さん、挿絵やキャラデザインはおなじみの壱加さんです!

 

今までのノベライズのエピローグにて、脚本家Maの本で悪ノ大罪の物語を読んできた悪徳裁判官ガレリアン=マーロンの物語がついに明かされます。感想を、ネタバレ込み込みで綴りますので悪しからず。

 

ノワールド要素抜きで、独自の解釈で要約すると、「純粋だった好青年が何故悪徳裁判官と呼ばれるようになったのか、その由来が語られる金と愛と裏切りの物語」でしょうか?要約は苦手です。

 

 

悪徳裁判官の物語

今回の物語は、円尾坂の仕立屋の鋏のように、第三者の視点からガレリアンの物語が語られます。語り手はコウモリの姿をした観察者の神シックルです。

……誰ぞ?と思った方。こちらの書籍でシックルたち「サードピリオドでの神々」の短編が掲載されています。

 

 

悪ノ円舞曲(ワルツ) 『悪ノ大罪』ガイドブック

悪ノ円舞曲(ワルツ) 『悪ノ大罪』ガイドブック

 

 

 最初からガレリアンが強欲だったわけではありません。彼の半生はシックルを通して赤裸々に語られます。

例えば……ガレリアンがエルルカ=Ma=クロックワーカーの息子であることから、シックルが彼を観察することを決めます。ガレリアンは弱冠14歳--14歳は、悪ノ娘リリアンヌ=ルシフェン=ドートゥリシュと同い年。悪ノシリーズにおいてこの数字は特に鏡音リンをモチーフにしたキャラクターにおいては重要な数字だと個人的に重視しています。モチーフになったキャラクターの年齢は気にしたいところです--でレヴィン大学の秀才であり、異例の若さで暗星庁に入庁しわずか2年で裁判長に抜擢されます。その裁判で母親エルルカそっくりの脚本家Ma……カヨ=スドウと出会います。察しのいいファンならエルルカ=カヨと結びつけますね。合ってますよその解釈。

 

親友だったロキ=フリージスの裏切りを機に、いやそもそもMaと出会って、好青年ガレリアンは次第に順調に道を踏み外していきます。

元ロキの恋人であり妻ミラ=ヤレラとの間にミッシェル=マーロンを授かるもミラとの夫婦仲は冷え切ってしまっています。発売前は、夫婦仲は良い方だと思っていたのですが、これは意外です。

そして、20歳の誕生日にMaの祝いの酒で酔い潰れ……ガレリアンとMaとの間にネメシス=スドウが生まれることになります。ネメシスは本作においてはほんの少ししか出てきませんが、次回作である「ネメシスの銃口」の主役として活躍する予定でしょうので文句はありません。

エルルカ=Maは作中で明言されているので、ネメシスは母エルルカと息子ガレリアンの間に生まれたことになります。ガレリアン共々ネメシスも驚きの出自です。

 

ミラと16歳のミッシェルは、海難事故で命を落とします。しかし、Maの暗躍でマーロン・スプーンに宿るアダムと契約したガレリアンは、クロックワーカーズ・ドールを娘と思い込み彼女のために金に執着する悪徳裁判官への扉を開けます。(厳密には人形に宿った娘の魂を信じていたわけだったのですが……)人形に優しく語りかけるガレリアンパパの姿は、読んでいて痛ましかったです。娘を失った父親の愛は、歪んだ形で人形に注がれることとなっています。

 

ヴェノマニア公の狂気で登場したヴェノマニア公の子孫である阿南(彼は円尾坂の仕立屋にて登場)の子孫ニョゼ=オクトとガモン=オクト、悪食娘コンチータで登場したグレイヴヤードのウェイターもチラッと出てきます。ガモンとウェイターは、悪徳のジャッジメント後の物語でも活躍してくれるでしょう。新たに、元森の精霊であり死神リッチ=アークロウとイーター=サーベアが登場します。彼らは今後どう物語に関わってくるのでしょうか。恐らく、墓場の主関連ですね。

 

悪徳のジャッジメントは、ガレリアンが「ぜんまい仕掛けの人形」と共に亡骸となって発見され、ネメシスの存在が明かされたところで終わっています。次回作ネメシスの銃口への布石ですね。楽曲悪徳のジャッジメントだけでなく、箱庭の少女、ハートビート・クロックタワーの楽曲を匂わせる言い回しがいくつか見られます。後書きによると、残り2巻でこのシリーズは完結するらしいです。え、残り1巻じゃないの?と思いましたが、悪のワールドがまだ2巻分は残されていると思うと少し嬉しい悲鳴です。最新刊が発売されるたびに明かされる新事実、そこから次回作が出るまでの独自の考察を重ね(コミケ等に行けないので、同人CDは買えず設定や世界観を網羅しているとは言えませんが……)、そして発売を待つ。次回作が楽しみです!

次回作がネメシスの銃口だとしたら、ラストはどんなタイトルになるのでしょうか?茶番カプリシオだと個人的には思います。

 

ノワールド風に要約するとどうすれば良いのか……あぁ、1番分かりやすい要約がありますな。

ガレリアン好きにはたまらない一冊ですな!

 

 

悪ノ大罪 悪徳のジャッジメント

悪ノ大罪 悪徳のジャッジメント

 

 

 

それにしても、処女作の「悪ノ娘 黄のクロアテュール」と比べると文章に厚みが出ましたね。読み応えが増し、緻密な年歴設定がさらに深みを出してます。