読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

硝子花弁のとーしろ目線

雑食系オタクの素人目線で、好きなものを、好きなだけ

テイルズオブゼスティリアザクロス#10感想

アニメ

今月あと2話くらいでゼスクロが終わり秋アニメ始まるんだよな!どうせ2クール目があるはずや!

とのたまいながら#10「アリーシャ・ディフダ」を観ました。どんなお話だったのでしょうか。

 

マーリンドの復興

ドラゴンパピーを浄化し、マーリンドを救ったスレイたち。スレイはその後水を浄化するため3日ほど水道にこもりミクリオと共に水を浄化します。ゲームでも「水は穢れやすい」という発言もありましたし、生きていくために水は必要不可欠なので、水の浄化は最優先事項ですね。ライラとエドナたち女性陣が休憩する中、ミクリオはスレイに付き合い共に行動しています。ミクリオの世話焼きスキルがカンストしてます。

 

アリーシャが手配してくれた場所で休憩し、ドラゴンパピーだった天族ロハンからマーリンドが何故穢れたのかを聞き出すスレイ。ちなみに前回撃ち落とされ墜落したロハンさんがヤムチャみたいに見えたのは私だけだろうか。しかし、肝心の原因は分からず終い。アリーシャの用意した食事をとり復興の手伝いを再開します。そこにロゼたちセキレイの羽が物資を運んできます。

ロゼたちと別れたアリーシャとスレイたちのところに今度はマルトランたちが現れ、バルトロがアリーシャにグレイブガント盆地へ向かえと命じたことが明らかになります。グレイブガント盆地は隣国ローランスとの国境。そして……戦争が始まる予感。戦争を止めるために戦場へ向かうことを決めたアリーシャとスレイでしたが、ライラは戦場へ向かうことを反対します。

何故と問いかけた時、街の中から穢れと憑魔の気配が。それは、人の発するものだと知り、スレイたちはそれを浄化するために路地へ入ります。

 

浄化の意味

初めて人の発する穢れと憑魔を目にしたスレイ。浄化するために儀礼剣で斬りますが、その瞬間、スレイの中に何かが流れ込みます。苦しみにひるんだ隙に逃げ出す憑魔、それを追いかけ再び浄化のために斬りますが、また何かが流れ込み、スレイは苦しみます。何とか浄化はできましたが、そこで初めてスレイは「人を浄化する」ということを知ります。「人を浄化する」ということは、「その人の穢れを背負う」ということ。それでもスレイは多くの人の穢れが渦巻く戦場へ向かう決意を揺らがせることはありません。流れ込んできた何か……記憶を頼りに墓地へ赴き、先ほどの憑魔に殺され慰められなかった人の魂を浄化し、スレイは浄化の意味を理解します。

 

一方、アリーシャは再び暗殺ギルド風の骨の襲撃に遭います。アリーシャの理想のために犠牲になる民を守ろうとする風の骨。アリーシャは揺らぐことなく彼らを撃退し、その胸に宿る確かな決意と覚悟を見せつけます。そして……アリーシャは戦争を止めるために彼らを利用するしたたかさも見せます。

アリーシャの決意と覚悟を見届け、その道に手を貸す風の骨……ロゼたちセキレイの羽は、背中合わせに歩き出します。男らしいよ、お姫様と女商人よ。

 

 

 

次回「戦争」。なのですが……次回予告が完全にロゼとアリーシャの漫才でしたね。

スレイとミクリオが同じ道を行く同志なら、アリーシャとロゼは別々の道を行く仲間でしょうか。ゲームが、メーヴィンから言い渡された大地の記憶の回収で積んでる……ベルセリアもやりたいけど、ゼスティリアをまずクリアさせろって話ですよね。実家に帰省しないと据え置きゲームはできないので、ちょっとつらいです。帰省期間が短いとほぼ義務感でゲームする羽目になりますし……やっぱりゲームは、義務感とかそういう感じじゃなく、自分の好きな時に、好きなように楽しんでやりたいですよね。

……PS4を自前で買えって話ですね。おいくら万円ですかね。お財布と相談だ。

 

デゼルさんの出番は当分先でしょうね。早く出てこい。