読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

硝子花弁のとーしろ目線

雑食系オタクの素人目線で、好きなものを、好きなだけ

刀剣乱舞-花丸- #5 感想

ついに天下五剣、到来

もはやラスボス。今回は久々の出陣場面もあり、なかなかに忙しい回でした。では気ままに感想をば。

 

本丸ホストクラブ

曇り空の皐月。鍛刀で4時間を叩き出した獅子王は喜んで主に報告します。その頃清光と安定は部屋で各々の時間を過ごしていました。清光はネイルに力を入れ「愛してもらう」ために少し必死です。

同じくして鶴丸と光忠は風呂に入り、光忠が先日仲間になった倶利伽羅がみんなと打ち解けてほしいと相談します。

 

雨が降り始めた頃、洗濯番だった歌仙、鶯丸、薬研、鳴狐、山姥切はまだ乾かない洗濯物を憂い「もし今、出陣命令が出たら生乾きの服着て行かなくてはならない」ことに気づき、早速戦装束をたくさん持ってそうな刀たちのところへ赴きます。

愛染の愛染明王シャツは一部の刀にはピチピチで不可抗力で誰かがビリと破いてしまい、石切丸の戦装束は短刀の薬研には大きすぎ、ついには奥の手「燭台切光忠のクローゼット」から彼の戦装束を着てしまいます。しかも前回買ってきたサングラスまで装備する鶯丸と山姥切。サラリとボケに回ってます。まるで客をもてなすホス……なんとかみたいだ」と語るところに服の持ち主と鶴丸登場。言い訳しようとした歌仙を遮り、光忠は「さっきの話をもう一度」と思わぬ返答をします。

倶利伽羅が仲間と仲良くなってほしい光忠は、ホスなんとかの話を歌仙から聞き、大倶利伽羅をもてなす手伝いをしてほしいと歌仙たちに頼み込みます。

 

各々のもてなしの用意ができたところで、光忠は大倶利伽羅まるでホストクラブのような部屋に案内します。無言で回れ右する気持ちは分かるよ伽羅ちゃん。先手の歌仙が千利休流のもてなしをするも大倶利伽羅には伝わらず、続いて点てた茶は鶯丸に飲まれます。薬研は織田信長にちなんでリンゴを剥いて差し出しますがほとんど芯。薬研ニキ不器用説。山姥切は「写しの俺が面白い話なんて」と勝手に思考をショートさせて撃沈。

その中、鳴狐のお供の狐が、普段鳴狐の時のように大倶利伽羅の首元に乗り、鶴丸が伊達政宗の正室愛姫のように琴を弾きます。モフモフと懐かしい琴の音にようやく大倶利伽羅も綻びます。光忠は神妙な面持ちで前の主のことを思い出しながら、心を込めた料理を一品大倶利伽羅に差し出します。ようやく打ち解けて料理を「美味い」と告げる大倶利伽羅に、光忠は「昔の主の話をしよう」と優しく語りかけます。

 

天下五剣・三日月宗近

本丸ホストクラブに乱入した次郎さんも加えて賑わう中、長谷部が鍛刀結果を告げにきます。怒られると確信してた刀たちは拍子抜け。しかしいつの間にか姿を消した鍛刀されたばかり「彼」を探して本丸を歩き回ると、縁側で鶯丸と茶飲み仲間になってました。

その名も三日月宗近天下五剣で最も美しいと評される太刀です。大きいけれど小狐ではなかったご様子。安定が素直に喜ぶ中、「三日月宗近の加入を望んでいた主」のことを知る清光は素直に喜べていない様子。そこに早速獅子王が出陣命令を主から託されてきます。隊長を三日月宗近とし、清光と五虎退とで宇都宮城の戦いへ赴きます。

 

宇都宮城にて早速敵と遭遇する清光たち。しかし場数を踏んでいる清光に反して、久々の出陣だった五虎退は敵に追い詰められます。清光が助けようと動く前に、三日月が五虎退を助けます。そして脱ぐ、本気になる、斬る。

桜のエフェクトが舞い、美しい三日月を背に立つ天下五剣を前に、清光は「別格すぎる」と自覚します。

 

その出陣の後、屋根の上で清光は安定に自分の慢心に気づいたことを打ち明け、手入れが終わった三日月に「どうしたらアンタみたいに優しくなれる?」と問いかけます。彼はいつもののんびりした調子で「優しいは、強い」と答えます。

 

EDは「出づる月、招宴の唄」。三日月宗近と歌仙兼定、燭台切光忠、鶴丸国永が歌います!導入は雅なゆったりと静かな入りでしたが、途中から賑やかで楽しげな曲調に変わります。導入が「出づる月」、途中から「招宴の唄」といったところですね。

そして文字は「花なれ」。EDで何を語るのやら。楽しみですな。

 

感想

まずは、プロローグの映像が少しずつ変わってます。実は前回あたりからOPも少しずつ変化してます。五虎退が大股になってたり、山伏の薪割りの回数とか。

 

あとは、公式で光忠の服はホスト。なるほど。愛染明王シャツがピチピチの歌仙に笑い、石切丸衣装の薬研に微笑みました。七五三かな?

 

そして全力で馴れ合い不可避の伽羅ちゃん。歌仙との絡みはゲーム内でもありますが、どうやら犬猿の仲というか、仲は良くないそうです。なので、最初のもてなしで伝わらなかった時に歌仙が「東北の田舎刀め」とか言い出さないか不安でしたが、さすが花丸歌仙さん大人です。そして恥じらう歌仙さんが印象的でした。さすが人見知り。

薬研は不器用説。雅なことは分からない!流石の私もリンゴをあのようには剥かないと思います。

 

Bパートで三日月宗近と茶飲み仲間になった鶯丸が、三日月宗近に「大包平は見なかったか?」と問いかける場面があります。大包平回収しました。今年ももうすぐ終わるから、あといくつも寝れば大包平実装だね!やったね鶯丸!

前回前々回と出陣のシーンがなかったので、今回は久々の出陣でした。要はレア刀や追加実装刀のレベリングですね。私も早く包丁ちゃんを育てなくちゃ。

 

そして次回予告的な宣伝CM。燭台切光忠が「博多くん」と呼んでました。

はい来た!!黒田の絡み!!長谷部と絡みますか!?うちの本丸にも来てください博多藤四郎!!

父方の出身地と博多くんの出身地が結構近いし(出身地は博多ではないけど地元の方言が似てる)、明石国行と同じく方言男子なので、九州男児の博多くん本当に好きです。辛子明太子とか献上したい。大阪城エンドレスかな??

 

次回ついに博多登場と踏んで、また1週間頑張ります!

 

『刀剣乱舞-花丸-』 歌詠集 其の三 特装盤

『刀剣乱舞-花丸-』 歌詠集 其の三 特装盤