読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

硝子花弁のとーしろ目線

雑食系オタクの素人目線で、好きなものを、好きなだけ

刀剣乱舞-花丸- #7 感想

アニメ

冬に水着回を放映するアニメは神アニメだと偉い人が言ってました。

今回は待ちに待った水着回!刀剣男士たちの肉体美に悩殺されそうな気配を察知しましたが、それでもみましょう。ようやく見ました!京都遠征は楽しくて大変でした。

 

みんなで海へ

主から賜ったお守りに、自分にとってお守りになる品を入れることが流行っている本丸(安定は主の育てているハーブ)に、陸奥守吉行をはじめとした刀剣男士たちが海へ行く日がやってきました。お小夜と宗三も、兄の江雪左文字がようやく到来して嬉しそうです。新たな脇差浦島虎徹も海にはしゃいでいます。

前回の派手派手なふんどしは陸奥守が着用し、その他量産水着を刀剣男士たちが着用。いざ海へ!海水がしょっぱいことに気づいて「錆びてしまいそう」と短刀たちが苦い顔をしたり、サーフボードを乗りこなす江雪兄様とそれを眺める宗三とお小夜、沖にある島へ泳ぎに行く陸奥守、セレブばりの日焼け対策をする加州清光、可愛い貝殻を集める乱とその隣でヒトデを掴む薬研、うにを食べる厚と、うにに金銭価値を見出す博多、骨喰と共に砂トンネルを作る鯰尾、かめきちと戯れる浦島。

 

各々が海を楽しむ中、サーファー江雪左文字〜お小夜を添えて〜を見た粟田口の短刀たちは、まだ会えぬ兄に想いを馳せます。その様子を見た薬研は……

 

粟田口唯一の太刀

海の思い出や、これまでの思い出を日記に綴ったりまとめる粟田口の短刀たち。いつか兄と会えた時にいっぱい話すためにと一生懸命です。薬研はそんな弟たちのために何度も鍛刀部屋に出入りし兄を顕現させようとします。しかしそれでも兄は顕現しません。

 

見兼ねた同派の鳴狐が主に頼み、札を使って鍛刀をします。その夜、薬研のところに鳴狐が現れ主の部屋へ行くように促します。

誘われるまま主の部屋へ行くと……そこには、鳴狐の鍛刀で顕現した粟田口唯一の太刀であり兄一期一振が。2人は本丸の屋根に登り薬研は本丸の説明をしたり、万葉桜のことを一期に語ります。薬研のお守りに気づいた一期に問われるまま、薬研はお守りの中身を見せます。

それは、卯月に粟田口の短刀が書いた「いち兄に会えますように」という短冊。一期は優しく薬研の頭を撫でて、これまで弟たちを見てくれた礼と、これからは自分に甘えてもいいことを告げます。

薬研は涙を目尻に滲ませながら、それを悟られまいと強気に前を向きます。

翌日。兄と出会えた粟田口の弟たちは万葉桜に取り付けた一期特製のブランコにみんなで乗り、重量オーバーで地上に投げ出されます。それでもみんなは笑い、再会を喜びます。

 

AWT48 デビューライブ

CMを挟んだ後、Cパートではいち兄の歓迎会をしようと粟田口の弟たちが何をしようか盛り上がっているところへ安定が割り込み、アイドルの雑誌を見せます。それを見た乱は目を輝かせ、これをやろうと強く推します。アイドルをするにはプロデューサーが必要となり、プロデューサーは鳴狐が務めることに。センター争いはプロデューサーの鶴の一声ならぬ狐の一声で一期一振に。

そして夜の万葉桜の袂で、AWT48によるライブが始まります。いち兄が来るまでの思い出を振り返りながら、いち兄と歌う「恋と浄土の八重桜」の盛況ぶりに、プロデューサーがガッツポーズをして文月は終わりです。

 

感想

シークレットゲスト・一期一振とAWT48に審神者のハートは乱れまくりです。

一期一振は放映前のHPでは紹介されていませんでしたが、江雪左文字と浦島虎徹と共に登場しました。これは、今後もシークレットゲストの可能性があるということですね。突然の粟田口不意打ちに涙腺が緩みそうです。

 

薬研が他の粟田口の短刀たちとは一線退いた姿勢なのは、彼が現存しない刀なのか、それとも年長だからなのか。そんな一期一振に代わって弟たちの面倒を見てきた薬研と粟田口の弟たちがついに報われる回でした。いち兄以外いないあの屋根の上でくらいは甘えてもいいのに、涙を滲ませても甘えない薬研の男前に、柄まで通されました。

 

今回の一番の露出を見せてくれたのは陸奥守吉行。石切丸の安定感のある大きな身体とも、燭台切光忠のダイナマイトボディとも、鶴丸国永の細こい肉体とも違う、いい肉体です。今回登場した浦島虎徹は、あまり出番がなかったです。きっと今後、長曽祢虎徹が出た時に蜂須賀虎徹共々活躍してくれるはずです。ですよね!?

宣伝CMは薬研。日本号の名を呼んだことから、ついに三名槍が揃います!公式HPでは既にあらすじが公開されて、にっかり青江が大活躍しそうな予感です。

 

次回、三名槍とにっかり青江の活躍に期待して待ちます!

 

『刀剣乱舞-花丸-』 歌詠集 其の四 特装盤

『刀剣乱舞-花丸-』 歌詠集 其の四 特装盤