読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

硝子花弁のとーしろ目線

雑食系オタクの素人目線で、好きなものを、好きなだけ

刀剣乱舞-花丸- #10 感想

正直に言おう。蛍丸可愛すぎか。

前半は来派、後半は小狐丸を主軸としたパート分けでした。そして最後のCパートでは……シークレットであの刀が顕現しました!それはまた後述します。

プロローグは小狐丸でした。さっそく振り返ります。

 

明石国行という刀

顕現したばかりの明石国行が、本丸の仲間たちとうまくやっていけるのか心配する愛染国俊と蛍丸。部屋で「思いやりが大事」等など、色々と国行を注意するも、国行は基本的にやる気を出さず、厠へと。

国行がいない間、国俊と蛍丸は「少し言いすぎたかな」と反省します。国行の帰りが遅いなと待ちわびているそこに、長谷部の悲鳴が。

 

国俊と蛍丸が畑当番をしていた長谷部と安定のもとに行くと、かぼちゃ畑が荒らされていました。畑には、人の足跡。さらには、清光と五虎退が焼き芋のために集めた落ち葉が無くなり、歌仙とにっかりが汚れているのにしっかり畳まれた敷布を目の当たりに愕然とし、厨房ではおにぎりが消えました

まさか、国行が……と国俊と蛍丸は廊下を歩いていた国行のもとへと駆けます。国行は、本丸で起きた一連の犯行の全てを認めます。国俊と蛍丸が庇おうとしますが、国行はそんな2人を諌めます。どうやら薬研の薬も無くなっていたのも国行の仕業だとも。

 

犯行の動機は……床下のたぬきのためでした。同田貫じゃないです、たぬきです。

畑に踏み入り、罠にかかっていた親たぬきを助けると、親たぬきは走って行き干していた敷布を落としたので、国行が畳んでその場に置き、寒さを和らげるために落ち葉を拝借し、腹を空かせていたらしいのでおにぎりも持って行き、親たぬきの怪我を薬研の薬で治そうとしたのです。

最初はそれを隠そうとしていた国行でしたが、たぬきが姿を現したことをきっかけに全てを白状します。「保護者の気持ちは自分にも分かるし、ここでは思いやりが大事」と微笑み、国行は国俊と蛍丸に本丸の案内を頼みます。

 

狐の恩返し

焼き芋を楽しむ来派と沖田の刀剣と三条派。そこに骨喰が出陣命令を持ってきます。隊長を一期一振に、薬研藤四郎、大和守安定、鶴丸国永、三日月宗近、小狐丸を編成しさっそく出陣します。戦場で小狐丸は、祭囃子の音を聞きます。

 

先手は、敵の銃撃奇襲。小狐丸はその銃撃で主からもらったくしを破壊され、憤慨します。

粟田口が先陣を切り、各々それに続きます。三日月はまだ顕現して日が浅い小狐丸に気を配ります。

小狐丸は、敵の攻撃に晒されそうになった白狐を庇います。そして真剣必殺。討ち逃した敵を粟田口二振りが追いかけます。

残りの敵を粟田口らに任せると、空が晴れているのに雨が降り出します。小狐丸はそこで、狐の嫁入りを目撃します。

 

鶴丸の偵察で鍛冶場と思わしき小屋を近くに発見しそこで一旦雨宿りすることに。雨を凌ぐ中、三日月は槌を取り小狐丸の唄でもある「小鍛冶」を安定と鶴丸に教えます。小狐丸は小鍛冶を通して語り継がれていくのです。

酒を見つけた四振りは酒盛りを始めようとすると、一期一振と薬研が戻ってきます。気づけば、安定たちは外で座り込み紅葉の葉を持っているのでした。

狐に化かされたかと笑う中、小狐丸は自分の傷が癒え、壊れたくしが直っていることに気づきます。ふと目をやると、そこには戦場で助けた白狐。「律儀な奴」と小狐丸は優しく笑うのでした。

 

そして……安定が審神者の札で鍛刀すると、新撰組局長近藤勇の刀長曽祢虎徹が顕現します。これで、新撰組の刀がひとまず揃いました!

 

EDは「心馳せから縁あり」。来派三振りの歌うEDです。蛍丸の一枚絵と共に「人なれ」という言葉も。

 

感想

ついに今回の話で、OPに登場する刀は全振り出てきました。宣伝CMの三日月も誰の名前も呼ばなかったことから、これ以上はシークレット以外では出ないかと。

 

そしてプロローグの屋根ポジションは来派に変更です。いいですなぁ。

保護者国行と国俊&蛍丸の掛け合いは、粟田口とも左文字とも違う、ある種の信頼関係で新鮮でした。兄弟というよりは、相棒?

 

薬研が敵に短刀を突き立て「柄まで通ったぞ」と言う場面がありますが、ゲームとは違ったニュアンスで、なんというか、こう、絵面も相まってそそられます。ゲームでは結構声を張るのですが、アニメの「柄まで通ったぞ」は敵に言い聞かせるような静かな声でした。

雨宿りの場面にて、着替えのシーンがありましたが、三日月は鶴丸に手伝ってもらってました。じじいがじじいに介護されてる。少しは小狐丸を見習ってみたらどうかね天下五剣。

 

残り2話。果たして安定の池田屋の夢の伏線は回収されるのか、そして何故EDの言葉が細川ガラシャの辞世の句なのか、もうこれ以上刀剣男士は出てこないのか、気になりつつまた次回も楽しみにしてます!!

 

『刀剣乱舞-花丸-』 歌詠集 其の六 特装盤

『刀剣乱舞-花丸-』 歌詠集 其の六 特装盤