読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

硝子花弁のとーしろ目線

雑食系オタクの素人目線で、好きなものを、好きなだけ

東方鈴奈庵6 特装版 感想

本屋にポイントカードの有無まで把握されてる程度には本屋に通い詰めてます。

先日、店頭で予約注文していた東方鈴奈庵6巻の特装版が届きましたので、早速受け取りに行きました。

 

東方鈴奈庵 ~ Forbidden Scrollery.(6) 特装版 (角川コミックス)

東方鈴奈庵 ~ Forbidden Scrollery.(6) 特装版 (角川コミックス)

 

表紙は射命丸文・人間の里verです。ちなみに通常版では通常の射命丸文が表紙となります。

特装版には本編の他、単行本と同サイズの春河もえ先生の東方鈴奈庵ミニ画集原作者ZUN氏による東方鈴奈庵」テーマ曲含む音楽CD付きです。

もードキドキが止まらないし、事実一通り目を通し音を聴き「買ってよかった」と確信してます。

f:id:ludger-20-victor-30:20161209151606j:image

f:id:ludger-20-victor-30:20161209151608j:image

収録曲は「判読眼のビブロフィリア」「運河を行き交う人妖」「兎は舞い降りた」の3曲です。鈴奈庵のテーマ曲は判読眼のビブロフィリアにあたりますね。

 

※ここから先は、ネタバレの領域。覚悟は良いか?※

 

 

 

 

 

 

 

東方鈴奈庵 ~ Forbidden Scrollery.(6) (角川コミックス)

東方鈴奈庵 ~ Forbidden Scrollery.(6) (角川コミックス)

 

 

 

収録曲について(あくまで音楽ど素人の個人的な感想です)

  • 判読眼のビブロフィリア

主人公の小鈴ちゃんらしいやんちゃなメロディを出しつつ貸本屋鈴奈庵の少し湿った本の匂い漂いそうな安定感のあるムーディーな音色が印象的です。出だしとラストは落ち着いてますが、真ん中からは結構賑やかです。ゲームで言えば道中曲?

 

  • 運河を行き交う人妖

東方輝針城の二面中ボス兼ボス赤蛮奇の道中曲。曲のチョイスは、6巻本編の「人妖百物語」に合わせてきたのでしょうか。一応抑揚はありますがあくまで淡白な構成に、幻想郷における人間と妖怪の関係を匂わせるような。

 

  • 兎は舞い降りた

突然の兎要素。東方紺珠伝の1面ボス、清蘭のテーマですね。初見です。上記二曲よりも賑やかで激しいです。まるで兎が踊っているかのよう。しかし同じ月の兎である青蘭のテーマとはいえ、「兎は舞い降りた」と聞くと「東方儚月抄」のレイセンも頭に浮かびますね。

 

東方儚月抄 〜Cage in Lunatic Runagate.

東方儚月抄 〜Cage in Lunatic Runagate.

 

 

 

本編

本編は全て前後編2話の合計8話+設定資料とあとがきで構成されます。

 

  • 情報の覇者は萃か散か

一言で言うと「新聞VS口コミ」。文々。新聞の記者の射命丸VS新聞による化け狸への風評被害に憤慨した化け狸マミゾウの情報戦です。

軍配は曖昧にされますが、一番損をしたのはその場のノリで情報を有効活用しようとして裏目に出た霊夢というオチで終わります。幻想郷という舞台で現代社会のソーシャルメディアを少し風刺するお話でした。

 

  • これも全て妖怪の仕業なのか

推理小説が人間の里で流行する話です。外の世界とは違う文化の幻想郷では、外の世界の推理小説は文化の違いで売れず、代わりに「アガサクリスQ」なる人物の書く幻想郷風の推理小説が流行します。

アガサクリスQの目的は推理小説の執筆ではなく、自分が転生する前に起きた大昔の未解決事件に自分なりに決着を着けるためでした。その転生前の未解決事件の裏にはやはり例によって例のごとく妖怪が関わっていたのですが。

構成は推理小説風にどこか暗多めです。ファンの方ならアガサクリスQの正体は、このくらいの情報でなんとなく分かるでしょう。何気に本名もじってますし。

 

  • 人妖百物語

納涼目的で神社で百物語をするお話です。博麗神社で縁日もかねての百物語は、いろんな人や妖怪が集まり百物語を終えた最後に起こったことは、妖怪の復活!?……ではなく、演出です。百本ものろうそくを消すほどの怪談は、およそ7割が幻想郷の書記である稗田阿求によって消化されます。東方心綺楼プレイ済みの方なら分かるネタもあります。

サブキャラクターとして紅魔館のレミリアと咲夜、白玉楼の幽々子妖夢、守矢神社の早苗などもチラッと描かれてます。そして幻想郷のゲートキーパー八雲紫がついに登場です!夏の夜の縁日からの百物語とあって、浴衣姿です。妖夢と小鈴は恐がり確定です。

 

  • 紫色の日は外出を控えましょう

人間の里と里の外の台風についての話です。人間の里にある天気予報機能付きの龍神の像は、目の色で天気を予報するのですが、その目が見たことない紫色で人間の里の住民たちは大慌て。台風の接近でみんな家に閉じこもります。

魔理沙霊夢の会話から、人間の里と里の外とでは台風の被害に差があることが明かされます。そこから人間の里は妖怪の手で守られている(天狗なら暴風災害、河童なら水害)ことも、射命丸の口から語られます。わりと重要な情報です。

今回の話では、小鈴が台風の日に本を返却してもらおうと里の外に出てしまいピンチに陥ります。原因は本を返却しない霊夢にありますが。幻想郷らしく小鈴は無事エンドでちゃんとオチがつきましたが、この話では人間の里の核心に関する重要な情報が浮き上がりました。

 

設定資料には八雲紫と、隅っこに幽々子妖夢が描かれています。これだけです。まぁ、新たに登場したのが紫だけですので仕方ないですが。設定資料でも分かるようにやはり紫はロリBb……おっと壁から不気味な目と手が覗いてるからこれ以上はやめよう。

 

ミニ画集

コンプエースなどに掲載されたイラストなどをフルカラーで!コンプエースは購入してないので、書き下ろしがあるかどうかは判別つきませんでしたが、取り外し可能な表紙や中身のイラストは見応えあり!損はないです!

しかし連載開始からもう四年が経つんですねぇ。月日が経つのは早いものです。あの頃の私はまだお酒が飲めない年頃で……あれ、何だか胸が痛むな……

 

感想

風刺を交え、人間の里中心に幻想郷の核心に触れていくストーリーの鈴奈庵。妖の知識と幻想郷の仕組みにはつくづく脱帽です。さすが神主ZUN氏。特装版のミニ画集とCDも満足のいく充実した内容です。ZUN氏原作の東方書籍といったら付録にCDですね!三月精儚月抄、文化帖、グリモワール・オブ・マリサなどなど……お値段は他のコミックの単行本や通常版より高いですが、その対価は充分です!

ごっつぁんです!!茨歌仙の新刊も楽しみにしてます!今年中に買えるかどうか不安ですけど!!

 

 

東方鈴奈庵 ~ Forbidden Scrollery.(6) (角川コミックス)

東方鈴奈庵 ~ Forbidden Scrollery.(6) (角川コミックス)

 
東方鈴奈庵 ~ Forbidden Scrollery.(6) 特装版 (角川コミックス)

東方鈴奈庵 ~ Forbidden Scrollery.(6) 特装版 (角川コミックス)

 
東方茨歌仙 ~Wild and Horned Hermit. (7) (REXコミックス)

東方茨歌仙 ~Wild and Horned Hermit. (7) (REXコミックス)