読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

硝子花弁のとーしろ目線

雑食系オタクの素人目線で、好きなものを、好きなだけ

テイルズオブゼスティリアザクロス#14 感想

アニメ

前回EDだと思っていたものはOPでした

個人的に静かめの曲はEDという固定概念が定着しているせいか、勘違いをなさってしまいました。申し訳ありません。

今回もラストンベルにて、導師は止まらない!

 

セルゲイ

朝の仕事を終えたロゼと朝食を摂るスレイ。その中で「天族って近くにいるの?」と尋ねられたスレイはライラたちがいるところを指差し、ロゼは顔を引きつらせます。原作にもある、お化け嫌いなロゼの一面が見て取れますね。しかし飯テロだぁ、どんな世界観でも飯テロってあるんですね。

そこにセルゲイが花束を持って「先日の非礼を詫びたい」と訪ねてきました。ロゼは花束を見て「あたしのこと好きになっちゃった?」と目をいたずらに輝かせてからかいます。「女性は花が好きだと聞いた」と慌てるセルゲイ、そして花では気に入らなかったのかと今度は可愛らしくラッピングされた菓子を差し出します。ロゼはセルゲイにからかったことを謝り、セルゲイを朝食の席に誘います。

 

スレイは、セルゲイに自分の旅のことを話します。スレイの人柄を知っていき、ローランスの脅威にはならないと認識したセルゲイの元へ、白皇騎士団の兵が「聖堂近くで爆発があった」と伝えにきます。「それは穢れが原因では」とスレイは立ち上がります。

そして、前回ロゼら風の骨が暗殺した司教は病死と伝えられましたが、それを疑う兵。兵から詳細な情報を聞きセルゲイは「暗殺か!?」と疑います。ロゼ、危うし?

 

聖堂に空いた大穴に降りていくスレイたちとセルゲイ。一方ロゼとエギーユは、グレンの奥様のところへ足を運びグレンの行方を探ります。

 

風の天族

穴の底は暗く、ライラの炎を灯りに深部へ進みます。奥へ行くほど穢れが強くなるのを感じるスレイは、深部でミクリオと共に一旦水路の浄化を行います。水が猛々しく暴れたと思うと、周辺の穢れもどきの虫ごと水路を浄化。

浄化の一仕事を終えてスレイとミクリオの幼馴染みグータッチ。

ライラの炎突然水が荒れ狂ったかと思うと周辺の虫と水の中にいた生物みたいなもの(穢れ)が消える……その導師の力を間近で見たセルゲイ。

 

水路は聖堂に繋がっていることを知ったスレイとミクリオは「レディレイクの時と同じだ」ということに気づきます。しかし、聖堂に続くはずの水路は途中で閉鎖され、セルゲイが所属する白皇騎士団とは別の騎士団が見張りに立ってました。仕方なしに一度引き返すスレイたち。

ハイランドとローランス、どちらも穢れがあるのに目に見える被害の差が大きい(同じ状況なのにローランスにはドラゴンが出現していない)と感じたスレイは、セルゲイにローランスで厄災みたいなことはなかったかと尋ねます。セルゲイは「ペンドラゴでは長雨が続く」と答え、スレイは穢れの大元がペンドラゴにあるのではと結論づけます。

 

一方、ロゼはグレンが死んでいるのかもしれないことを認められず顔を暗くします。エギーユに「感情を殺してでも民のためにと決めただろう」と諭されても受け入れきれません。感情に葛藤するその姿は、風の骨ロゼの姿とは思えません。

そこにデゼルが「手伝ってやる」とロゼの前に現れます。ロゼには相変わらず見えず、声しか聞こえないんですけどね。スレイと出会い天族の存在を少しずつ認知し始めたロゼは、デゼルはお化けではなく天族だと認め、名前を尋ねます。

 

「デゼルだ」

「あたしはロゼ」

「知ってる」

 

そうやり取りしたデゼルは、風と共に消えます。風を追いかけるロゼ。

地上に戻ったスレイとセルゲイは、青嵐騎士団グルードマンと対峙することに。その時、街の中で突如竜巻が発生。ロゼとデゼルはそこへ向かい走っていき……

 

次回「それぞれの哲学」略して「そて」に続きます!めちゃくちゃ気になるところで終わりやがって!!

 

感想

セルゲイさんが初々しい。アニメではセルゲイさんの私生活に近い一面が見られますね。ゲームだと生真面目で情熱的な一面が強かったので、ロゼにからかわれ赤面する姿は新鮮です。

ロゼは結構葛藤する場面が多いですね。ロゼにとって仲間は家族みたいなものですから、グレンの死も受け入れられずにうつむいています。風の骨ロゼともセキレイの羽ロゼとも違う、偽りないロゼの姿ですかね。

そして、デゼルをお化けではなく天族と見たロゼ、デゼルの名前を知って一歩前進。しかし「あたしはロゼ」の返答が「知ってる」なのは、デゼルとセキレイの羽(風の骨)がずっと一緒だった表れですね。

 

EDは「INNOSENSE」。迫力ある一枚絵を交えながら、膨大な穢れ(災禍の顕主)に圧倒されながらも立ち向かう8人の仲間たちを描いているようで、終盤の穢れとの決戦へ向けたスレイたちの強さが見られます。

そして、OPとEDのアーティストが一期の時とは逆転してるのですね。一期ではOP担当だったアーティストは今期はED。逆もまた然り。

 

次回、気になるところです。あんな終わり方だと来週が待ち遠しいですぞ!

 

 

しかし相変わらず水の表現ヤベェな……水の表現がアニメ界の任天堂かと思ってしまいましたよ……