読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

硝子花弁のとーしろ目線

雑食系オタクの素人目線で、好きなものを、好きなだけ

テイルズオブゼスティリアザクロス#15 感想

アニメ

今回、天族たちの力が迫力ある描き方で圧倒されました。

 いやぁ、ド派手な戦闘シーンはしばらくオアズケ状態だったので、久々に滾りました。今日も今日とて、導師の旅路を見てみます。

 

VSデゼル

 前回発生した巨大竜巻は、聖堂を破壊しようとしたデゼルの仕業でした。まじかよ。デゼルを止めようと竜巻へ走るロゼをスレイが、巨大竜巻を発生させ、このままでは穢れに飲み込まれてしまうデゼルをライラ、ミクリオ、エドナら天族たちが追いかけます。

デゼルの生み出した竜巻はラストンベルの街を破壊していき、ライラたちも本気を出してデゼルを止めます。デゼルの風をエドナの土壁で防御し、ミクリオが氷の槍(フリーズランサー?)をデゼルに向けて飛ばし、ライラは巨大な炎で竜巻を消し飛ばします。わりとライラさんの炎も街を破壊してる気がしますが、デゼルを止めるためです仕方ない仕方ない。

ロゼを瓦礫から守りつつ同胞である天族たちと対立するデゼルでしたが、ロゼが「もう止めろ!」と呼びかけたことでデゼルはあっさり投降します。

 

聖堂を破壊しようとしたデゼルは、スレイたちに「風の傭兵団」の団長ブラドと幼かったロゼの過去を語ります。ロゼがまだほんの子供で、双剣をブラドの元で遊ぶように振り回していた頃から、ずっとそばにいたデゼル。「ロゼが望むなら、権力者を始末してやる」と思っていたからこその、聖堂破壊だったのでしょうか。

 

それぞれの哲学、一方アリーシャは

スレイはグラードマンから、セルゲイが拘束されたことを知り、グラードマンからローランスへ下るように言われます。しかしスレイはローランスへ下ることを拒み、ペンドラゴへの同行をお願いして広場へと向かいます。追いかけてこようとしたグラードマンはエドナの土壁ガード。見事なボディガードですな。

だんだんと穢れがどういうものか理解していくスレイ。その夜、メーヴィンが先代導師を引き合いに哲学についてスレイに語ります。そして「自分に正直に生きる」ことがメーヴィンの哲学であることをスレイは理解します。常にスレイがそうしていることが、メーヴィンの哲学なようです。

従士契約を交わしていれば、離れていても従士の声を聞くことができるとライラが語り、スレイは契約を交わしたアリーシャの声を聞こうとしますが、聞こえず「まだ導師としての器が足りないかな」と言います。

 

そして、一方のアリーシャは……自軍であるハイランド軍から「国家反逆罪」をふっかけられ襲撃されます。前方を行くマルトラン率いる軍は拘束され、後続のアリーシャ軍は襲撃から辛くも逃げ延び、負傷した兵と共に、かつて遊び場だったというアリーシャの秘密の場所で休息を取ります。

スレイならどうする」と気負いかけたアリーシャは、従士契約を交わした際の「オレが強くなればいい」というスレイの言葉を思い出します。スレイの言葉を胸に、アリーシャは立ち止まらず前を向くことを決め、レディレイクの官邸奪還に臨みます。

 

次回「復讐」。デゼルの復讐か、それとも……

 

感想

ロリロゼがかぁいかったです。それと、前述したように、久々にド派手な戦闘シーンがありワクワクしました。最近スレイの浄化の力やロゼたち人間の戦いのシーンが多かったせいか、天族たちの戦いがより迫力溢れてました。ライラの炎、エドナの土壁、ミクリオの氷の槍、デゼルの風……四属性のぶつかり合い(地水火VS風でしたが)はやはりテイルズらしい!

 

ロゼもデゼルの存在を感じやすくなっているらしく、デゼルに話しかけることも増えました。ロゼは、元々霊応力が高いが霊的存在が苦手でそれを拒んでいたせいで天族たちが見えない設定でしたが、スレイたちと触れ合ってから少しずつその霊応力が真価を発揮し始めたのでしょうか。そのうち、ゲームで自前の霊応力でミクリオの姿を見たように、デゼルが少しずつ目に見えるようになったりして。

 

そして、地べたに寝ころがるエドナお嬢様が官能的で可愛い……久々にアリーシャも登場して、情報の多い話でしたね。

そして次回予告で見せた、デゼルのロゼ愛が凄まじい。どうして指を大怪我した時の部位まで正確に覚えてんだよ、何年前の話だよ。

そして、ロゼが初めて作った料理は「暗黒物体」か「カレー」かでぶつかり合い……多分デゼルが正しいですね。

 

次回は、そろそろスレイたちがペンドラゴの長雨に挑む頃合いでしょう。そこでサブタイトルが「復讐」となったら……

いや、まだどうなるか分かりませんよ。楽しみですね。